2013年06月14日

シュクレPortable レビュー

このPodcastはゲーム、アニメ、漫画などをレビュー、雑談する、サブカル系Podcastです。
今回は「シュクレPortable」のレビューです。

ここ1年で一番萌えたギャルゲ作品です。
このシュクレは、付き合って終わりではなく、付き合ってイチャラブがあって終わります。
最近のエロゲ、ギャルゲはイチャラブが少なく感じていた(重厚なシナリオが原因?)のですが、
ちゃんとイチャイチャ出来ます。

加えてキャラクターもツボを抑えており、すべてのキャラクターに萌える事が出来ました。
個人的に一番萌えたのはツンデレ娘の綾月芽衣夏です。

●ストーリー
主人公の城島 景一(じょうしま けいいち)は、洋食店ブラボーで腕を磨いていたコックでした。
過去形なのはブラボーが突然潰れてしまったためです。

路頭に迷う城島景一は、お気に入りのお店リバーライトに足を運びました。
いつも笑顔で暖かく迎えてくれる店長が、その日は居ませんでした。

不審に思った主人公は、看板娘である亜麻川 千鶴(あまかわ ちづる)に事情を聞くと、
店長は亡くなってしまったといいます。

亜麻川 千鶴はそれでもお店を諦める事が出来ず、ひとりでお店を回そうとしますが、
料理が出来ないため、客足は途絶える一方でした。

店長の背中を追いかけていた城島 景一は、リバーライトのコックになる事を決意します。
リバーライトの命運を、城島 景一が握る事になります。

●感想
シナリオライターが丸戸さんではないということで、周りの評価は厳しいですが、
僕は普通に楽しめました。

確かに突っ込みどころもあるシナリオではありましたが、主人公のコックを目指した理由(家庭環境)
もウルッと来ましたし、なによりキャラクターに萌えられました。

久しぶりにギャルゲで萌えまくりました。
付き合った後の描写もあるため、イチャラブを楽しめます。




ラベル:ギャルゲー
posted by 賞金首 at 18:32| Comment(0) | ゲームレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。